意外に知らない!?交通事故問題の常識

弁護士に依頼=裁判 ではない

誤解されがちかもしれませんが、交通事故問題を弁護士に依頼しても裁判に至るケースは稀です。多くの場合、弁護士が被害者の代理人として加害者側と示談交渉(話合い)を行なって解決します。示談交渉で話がまとまらなければ、「交通事故紛争処理センター」をはじめとする第三者機関や、調停という手続き方法で解決に至ることが一般的です。

任意保険会社が支払う賠償金額は、法律で定められていない

保険会社が各社で個別に支払い基準を決めています。保険会社は賠償金として支出が増えると利益が減少するため、支払う賠償金額を可能な限り低く抑えようとします。これ自体に法的な問題はありませんが、裁判で認められる金額よりは大幅に低く見積もられていることが一般的です。弁護士に依頼すると、裁判を行なうことなく裁判所が認める基準で任意保険会社と交渉することが可能です。

揉めごとがなくても弁護士に依頼できる

何も揉めていないから、弁護士に依頼する必要なんて無い…そう考えられている方も多いようです。でも実は、弁護士に依頼すれば示談金の増額が狙えたり、保険会社との連絡を代行してもらえたり(被害者のストレス軽減!)と、メリットがたくさんあるのです。

ページの上部へ移動

 地域から弁護士を選ぶ